ブログ 山行記録

会山行や個人山行の簡単な記録を掲載しています。

投稿

9月会山行 鉢盛山 2,446.4m

9月15日(日)晴れ

参加者:13名

【コース】朝日村役場にて事前申請のゲートのカギをうけとり、林道鉢盛線のゲートを開け車で約50分、新登山口に到着。

新登山口8:00→避難小屋10:15→山頂10:20ー(昼食)11:30→登山口着13:05

朝日村役場に鍵を返却し、合庁へ。

 

 

 

 

 

 

9月会山行 鳳凰三山(地蔵岳2764m・観音岳2840m・薬師岳2780m)

9月14日(土)晴れ-15日(日)快晴

参加者:10名(テン泊:4名、小屋泊:6名)

【コース】14日:青木鉱泉6:20→五色ノ滝11:30→鳳凰小屋13:00-13:25→オベリスク14:40→鳳凰小屋15:30 宿泊

15日:鳳凰小屋6:25→観音岳8:05→薬師岳8:35→御座石9:40→青木鉱泉13:00

1日目 5.7km  2日目 9.1km

 

山梨県の鳳凰三山、青木鉱泉駐車場はほぼいっぱいで、ドンドコ沢コースより登山開始。この道は大きな3つの滝を眺められる、その中で五色の滝では滝つぼまで下りてシャワーを浴びる。鳳凰小屋は多くの人でにぎわっていました。受付後に、地蔵岳へ山頂付近では落石があり「危機一髪」、鳳凰小屋へ戻り小屋組、テン泊組に分かれ宿泊。

翌朝、地蔵岳を背に観音岳、薬師岳を目指しました。快晴の中白峰三山を眺めながら尾根歩き、中道を青木鉱泉に下山しました。

MAC10月号より抜粋記載

 

9月会山行 尾白川 沢登り

9月1日(日) 晴れのち曇り  山梨県の尾白川渓谷

参加者:10名

【コース】矢立石登山口6:30→鞍掛沢出合9:00→引き返し地点10:30(昼食)-11:30→鞍掛沢出合12:30→矢立石登山口14:30

長い林道歩き、やっと入渓しましたが、水量も多く、新人組も多く1時間半後には引き返しとなる。昼食は沢につきものソーメンを食し、下降開始。途中の錦滝で遊ぶも、沢登り初体験者には、楽しい時だったようです。

 

8月会山行 中央アルプス 茶臼山 2652m

8月25日(日) 晴れ

参加者:13名

【コース】桂小場駐車場6:10ー6:30→ブドウの泉6:55→野田場8:00→馬返し8:30→大樽小屋9:00→行者岩分岐10:50→行者岩11:10→山頂11:30(昼食)12:20→行者岩分岐13:00→大樽小屋14:00→桂小場駐車場16:00

上り:5時間 下り:3時間40分 標高差:約1400m

塩尻市最高峰の山である茶臼山。登山口は「将棋の頭」と同じ桂小場から、将棋の頭・西駒山荘への尾根少し手前を反対側へ曲がると行者岩や茶臼山に到着する。尾根に出ると強い風にさらされ、岩陰にて昼食。遠くは雲がかかり見えませんでしたが「将棋の頭・木曽駒ケ岳」は眺めることができました。下山後温泉に立ち寄り汗を流し、帰路に着きました。

MAC9月号より抜粋記載

8月会山行 白馬岳 2,932m

8月24~25日 天候:曇り、雨

参加者:11名 (テン泊:7名、小屋泊:4名)

白馬駅よりバスにて猿倉へ移動し、白馬尻小屋、雪渓、白馬テンバへ、雪渓はかなりやせ細って半分くらいは、脇のザレた登山道を進みました。テンバ付近はガス、夕食時あたりから雨が降り出しました。朝まで風と雨で、ほとんど寝れません。少し眠くなると顔に濡れたテント生地がついたり、拷問みたい。朝、ガスと風の中小屋組と合流しとりあえず山頂へ、午前中は続くようですので、尾根歩きはせず。雪渓を下ることになりました。昼には猿倉に着き、バスにて白馬駅に移動し、車にて「倉下の湯」へ行きゆっくりと汗を流し松本へ。

7月会山行 雨飾山(1,963m)

日時:7月21日(日)5時

参加者:9名

【行程】

合庁(5:00)→道の駅白馬(6:00)→雨飾高原キャンプ場着(7:00) 出発(7:25)→笹平(10:45)→山頂(11:40)→昼食→出発(12:30)→荒菅沢(14:20)→登山口着(16:40)

雨飾山は「日本百名山」「花の百名山」と人気も高く、キャンプ場の駐車場は満車状態。準備をして7時半前には登山開始。木道から本格的な登山道へ、ブナ林を抜けて荒菅沢へ、まだ残雪状態。

布団菱を眺めながら急登を続け笹平にてしばしの花鑑賞を楽しみ山頂へ、日本海や糸魚川市を眺め昼食を取り、下山開始、荒菅沢で休憩し冷たい水で元気を取り戻しキャンプ場に到着しました。

MAC8月号より抜粋

 

 

(Line写真館より)

7月会山行 白山(2,702.1m)

日  時:2019年7月20~21日5時出発

参加者:15名(男:7名、女:8名)

【行程】

20日:合庁(5:00)→市ノ瀬駐車場(バス)(11:00)→別当出会登山口(11:15)→勘之助避難小屋(13:45)→南竜山荘(15:15)→テント場(15:35)

21日:テント場(5:00)→白山室堂(6:35)→御前峰(7:35)→お池めぐり→白山室堂(9:00)→テント場(10:15)→勘之助避難小屋(11:45)→別当出会登山口(13:45)

合庁から安房トンネルを通り、下道で白山スーパー林道を経由して、市ノ瀬駐車場へ実に長い5時間半ほどの車のアプローチ、別当の登山口では雨となり、湿度100%の状態で登山開始。砂防新道の名飯場あたりから雨も小降り、勘之助避難小屋につく頃にはほぼ上がっておりました。勘之助避難小屋から少し進み最後の直登部にて、1名熱中症の症状2名サポートで残り、他はテンバへ。1時間ほど休憩し、サポート1名連絡へ、4名が空身で来てもらい、前後をサポートして自力でテンバに到着することができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日は、展望歩道を通りクロユリの群落を眺め、室堂からお池めぐりをしてテンバへ戻り、テント撤収後別当登山口へ、帰路につきました。

 

8月3日(土) 八ヶ岳 天狗岳(2645.8m) 地図読み講習

日時:8月3日(土)6時~

【コース】唐沢鉱泉→合流点→黒百合ヒュッテ→中山峠→東天狗→西天狗→唐沢鉱泉

参加者:11名(新規会員6名参加)

7時に唐沢鉱泉に到着、駐車場はすでにいっぱいでした。20分ほどルート説明やコンパスの使い方などを説明しスタート。苔の中道を進み時折木の合間から見える唐沢の対岸の尾根と地図の等高線の比較をしながら、渋の湯からの道の合流点につき黒百合ヒュッテの方向を確認し進みました。黒百合ヒュッテで休憩していると、知った顔がひょっこり今年の春から学生になったKさんが現れました。

休憩後、中山峠を通り東天狗へ向かいました。熱中症の初期症状がみられ、天狗の庭との合流点で少し早めの昼食を取りました。毎日の高温で、15時位から雨や雷があると思ってましたが。予想より早く南アルプス方向から雷鳴が聞こえました。下山することにしましたが、高度を早く下げるか時間が早く高度の高い尾根か迷いました。さえぎるものはないけど一気に高度を下げることができて比較的歩きやすく、固まらない行動ができうる天狗の庭を選択しました。かなり近い距離で雷鳴があり身構えましたが、そのあとは離れたところで音がしました。ホットしたところでヒュッテに到着。本日のエネルギー終了の気分でした。ヒュッテで、アイスクリームなどを食べて一息入れて唐沢鉱泉に戻りました。

中山さん追悼 雨乞岳(2,037m)

6月9日(日)5時に合庁に33名(中山家2名、会員OB7名、会員24名)が集まり、高速にて山梨県雨乞岳にむかいました。しかし、富士見あたりから雨模様でした。サントリー白洲工場裏の登山口に到着。33名の大パーティーでもあり、今回はここで、線香を手向け、黙とうをし、11月に再度実施することを告げて終わりました。

 

 

 

 

 

5月会山行(新規加入者お試し)坊主岳(1,961m)

 

日時:5月26日(日)合庁から6時出発

参加者:会員16名 新規加入予定者10名

奈良井ダム脇のイノコ沢橋詰から登山開始、綺麗に整備された急登を40分ほどで三角点に到着、このあたりくらいが平坦で後はひたすら上り上りの連続です。約3時間ほどで山頂に到着。山頂では、豚汁を作り昼食、一休み後一人ひとり自己紹介をしました。○○●ふんじゃった組3名など26名もいるといろいろと面白いことがあるものです。

(写真は省略します)