5月19日(日)雪上訓練 

5月19日(日)6時合庁駐車場を出発し、猿倉へ向かいました。天候は晴れ、やや気温は高めで、雪解けが加速している白馬大雪渓の下部にて雪上訓練を実施しました。参加者11名(新規加入予定者3名を含む)

トラバス練習

練習内容は、ハーネスの装着、アイゼン、ピッケル、ロープの装着の仕方、シュリンゲ、カラビナなどの説明のあと、アイゼン装着した歩行、滑落停止訓練、トラバス時のフックスロープを張り、カラビナ・プルージックの中間点での架け替え手順の確認などを実施しました。

それぞれが、経験や持っている知識、技術を思い出したり学んだりの時間でした。最後に、清酒「大雪渓」のラベル付近の風景を眺めて下山しました。